雑記

レーシックして10年経ったワイの目

レーシック

どうもコロスケです。
レーシック知ってますか?

さすがに知ってるか。

レーザー手術で視力を強制的に良くしちゃうアレです。
芸能人もやってるし有名よね。

今日は宣伝でもなんでもなくネタがないのでレーシックについて書きます。
これからやる人がいたら参考なればいいなー程度。

レッツラゴー。

レーシックして10年経ったワイの目

レーシックして10年経ったワイの目

なぜレーシックをしたのか?

今35歳ですけど、レーシックしたのは25歳のとき。
もう10年たつんですね。

当時の視力は右目0.4、左目0.1(!)
戦闘力はミジンコレベルでしょうか、、、

まあ何も見えないんですよね。

大学の時、コンタクトつけてないと授業まったく見えなかったですもん。

なので25歳で転職したときに思いきってやっちゃました。

レーシック直後の視力

手術直後の視力両目2.0(!)
元の20倍ですよ!

界王拳か!

これは嬉しかったー。
数キロ先の信号機がハッキリみえたときはビックリした。

あとモノが立体的に見えるんですよね。
めちゃ迫ってくる感じ。

今思い出してもVRよりすごかったなーって感じ。

現在の視力

10年たった今では右目1.2左目1.0。
ちょっと戻っとるんですよね。

人間の体って元に戻ろうとするクセがあるらしい。
ホメオスタシスっていうみたいよ。

数年まえからこの視力で落ち着いてるから、これ以上悪くならないみたい。
とりあえず目が悪かったころの記憶はまったく無し。
最初から目がいい人みたいな感じ。

手術を振り返って

手術を振り返って

手術は一瞬

両目10分ぐらいで終わるよ。
点目薬で麻酔できるから痛みはホントにゼロ

角膜にレーザーあてて一瞬で終わり。
レンズの役割している部分の形状を変えれば屈折率が変化して見えやすくなるって仕組み。

メガネのレンズを再成型してるってイメージかな。

安心感はんぱない

コロスケがうけたクリニックはスゴイ親切。

手術中の10分間は女性スタッフがしっかり手を握ってくれる。

最初、「何のサービス!?」

と思ったけど安心感はんぱなかった。
けっこうビビってたみたいで、手を握られると逆にドキドキが消えました。

触れ合い大事。

一瞬怖い

しかし怖かった。
レーザー当てるから目が動かないように吸引固定するんだけど、

「目の神経ひっぱるから目の前が灰色になりますよー」っだって

「ファッ!!」

てなりましたよマジで。
特に問題ないらしい。

直後はとんでもなくまぶしい

ビビったのが直後のまぶしさ

手術後は光がとんでもなく眩しく見えるのよ。
グレア現象っていうみたいだけど、、。

どのくらいかと言うと、

「コンビニ眩しすぎて入れないレベル」

これマジです。

帰りにコンビニいこうとしたけど、光で目が痛くて座り込んだもんね。
術後はむりしちゃだめ。

レーシックはやるべきか?

レーシックはやるべきか?

一歩踏み出せない人向けに

オススメするわけじゃないけど、そんな怖がる必要はないよ。

  • 手術は10分
  • 痛みゼロ
  • 失明とか聞いたことない。

だいたい無料カウンセリングやってるから、まずはレーシック眼科にいってみよう。

ワシの考え

とはいいつつも個人的には今すぐやるべきだと思ってる。
年齢重ねると、レーザー当てる角膜が薄くなって手術拒否されたりするの。

コロスケのオトンとオカンはレーシックできなかったみたい。
なので若いうちに。

毎日メガネやコンタクトつける手間が完全になくなるってのは超らく。
コロスケ的にはいいことしか起きませんでした。

というわけで気になる方はまず、レーシックしてる眼科いって相談ね!
何事もまず行動、行動!

以上、「レーシックして10年経ったワイの目」でしたー。

それじゃあまたー。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コロスケ

福岡に単身赴任中の2児パパ。35歳。子育て・ガジェット・筋トレ・美容・ダイエット・健康食・節約・書評等、家族と自分磨きが大好きなブロガーです。座右の銘は「人生さざ波」どんな状況でもゆるりとした心で過ごせるようメンタル面の修行も取り組んでます。人生が前向きに楽しくなる記事を書いていきます!

-雑記

© 2021 コロスケの人生さざなみブログ