雑記

劇場版 「鬼滅の刃」無限列車編 感想 ネタばれあり 作画と内容を追及!

鬼滅の刃 劇場版 感想

※この記事はネタバレを含んでます※

どうもコロスケです。
ようやく劇場版 「鬼滅の刃」無限列車編を見に行ったよ。

コロスケはマンガには一切、手をつけていない。
読みたいけど、時間がないのよ、、、

劇場版が始まる直前ぐらいにアニメ全話いっきにみて映画に臨んだ。
いやー、楽しかった。

世間が鬼滅鬼滅ってずっと言ってて、、
なんか流行りにノリたくないなー

みたいな感じで過ごしてたけど、あぶなかった。
こんな素晴らしいコンテンツを逃すとこだった。

いまさらだけど映画の感想だよー。

劇場版 「鬼滅の刃」無限列車編 感想


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

戦闘シーンはアニメの歴史に残るレベル

序盤から最後に至るまでクオリティが高かった。

コロスケは80年代~90年代アニメ厨なので作画にうるさい。
セル画、手書きの世代なの。

最近の色使いがどぎつくてキラキラした絵は本当無理だけど、
鬼滅の刃は違った。

本気で描き尽くした作品はいつの時代でも人を魅了する。

特に最初のお墓のシーンとかゾクゾクしたね。

なぜか和風の絵を描かれると途端にクオリティがあがるのように感じるのよ。
私、和フェチなんでしょうか?

しかもお墓がいくつも連なっているのをみるとやたらクオリティが上がったように思える。
ワタシ日本モノに弱いのねー。

戦闘シーンの考察

もうこれはね、カンペキだった。
目で追えないような感じに見せる、高速戦闘は圧倒された。

正直、規模の大きさでいったらドラゴンボールの方が上だけど、
スピード感ないでしょ?

鬼滅の刃は速さをビシビシ感じる。

とくに煉獄さんの戦闘シーンはカメラワークが逸品すぎる。
刀を振り下ろしたり、移動するたびに手持ちのカメラを動かしている描き方。

目で追えない速さを表現するのに最高の手法よね。

カウボーイビバップで生身の人間同士が戦闘するシーンでもこんな手法だったかな。
能力がない人達の普通のケンカを臨場感たっぷりに魅せてくれたなあ。

アニメでカメラワーク意識するって大事。
煉獄さんの人知を越えた能力を表すのにピッタリだったの思う。

やっぱり時代感が良い

時代背景が大正ってのがいい。
もうドンピシャ。

江戸・明治・大正とか、昔の日本が背景の作品って大当たり作品多いのよ。

  • サムライチャンプルー:江戸時代
  • るろうに剣心:明治時代
  • サクラ対戦:大正時代

ね? 時代に名を残す作品ばっかりでしょ?
昔の日本モノは日本人の心を揺さぶりやすいのよ。

NHKの朝ドラなんてほぼ、全作品昭和だもんね。

声優が本気だしすぎ

声優業のみの配役でかためられてて
それぞれのキャラが本気の声を出す。

近年こんな熱の入こもった声出すアニメあった?
たぶん声優さんもメチャ感情移入してると思う。

よくある、芸能人が友情出演でゲストキャラの声担当して
作品の雰囲気ぶち壊しとかないのか好感もてます。

なぜ最高のキャラを死なすのか?

ここは苦言を言いたい。

まぜこんな最高キャラがすぐ死ななければいけないのか?


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

悲しいけれど、泣けなかった。
理解不能すぎて。

原作を忠実に再現している映画に文句言っても仕方ないんだけど。

それにしても映画館では泣いてる人、多かったよね。

なぜか多くの人は

泣く=感動 らしい

確かにコロスケも泣きそうだったけど、煉獄さんの事を思って
ただ悔しかっただけ。

だって本人は死ぬのに、普通に鬼は再生して逃げていっただけよ?
乗客守ったとはいえ、死に損やんか。

なんかこれを感動に持ってけるあたり
日本人の武士道美学が残ってるんじゃないかと思う。

自己犠牲が美しい、みたいな。

全然美しくない。
死なないほうが、どう考えても良い。

社会現象なるくらい流行ってるし、面白い作品だと思う。
しかし主要キャラがあっさり死ぬのは何も面白くない。

その観点から言うと
ワンピースのエースが死んだのもいだだけない。

あれはいまだに意味不明。

シティーハンターの冴羽獠も言ってたけど、
自己犠牲愛ってタダの自己満足ってよ。

どんなことが合っても生き残り、大切な人の元に戻る。
これが一番感動する。

煉獄さんには悪いけど。
作品中で死ぬのはダメ!

死ぬのが許されるのは
人気が無くなって、コンテンツとして死んだときのみ!

死なないほうがどう考えてもよい

時代モノの過去の作品を上げてみよう。
この中で主要キャラが死んだ作品はあるか?

  • サムライチャンプルー
  • るろうに剣心
  • サクラ大戦

主人公側のキャラで死んだ人いないよね!?
だから3作品とも何回でも気持ち良く楽しめる!

あっ、サクラ大戦は、 あやめさんは泣くなったかな?
ギリサブキャラということでセーフ。

終わった後のモヤモヤ感

映画を見終わって、先頭シーンとそのクオリティーに感動しっぱなしだった。
しかしモヤモヤが残る。

周りは泣いとるが、なぜ感動すんねん!
と思ってしまった。
その涙を感動にもっていくな!

だって一瞬で大好きになった煉獄さんは死んでしまい。
もう少しで上弦の鬼をとらえられそうだったのに、逃げられる。

えっ、煉獄さんの死って意味あったの? と思った。
乗客守ったとはいえ、この終わり方あんまりじゃない?

その日は寝られなかった。
くやしい、つらい

炭治郎、善逸、伊之助もこんな気持ちだったに違いない。
映画見たあと、つらいってどういうこと。

今後も主要キャラは死にまくるらしい

まだマンガ原作は読んでないが、既読者によると
今後もこんな感じで主要キャラは死にまくるらしい。

どうなっとんのや鬼滅の刃、、、
主要キャラにはあんま感情移入せんほうがいいんかな。

豚を育てて最後食べるみたいな、命の授業ってあるでしょ?
あれと一緒で(失礼)これから死ぬと分かっている命に感情移入するとつらい。

しかし子供には見せられない


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

とにかく血が多い

普通に小学生低学年が映画見に来とるけど親大丈夫か?
一応年齢制限あるよな?

とにかくこのアニメ、血出すぎ。
倒れた時に「べちゃっ」とか音するし、基本エグイ。
ワシも5歳と3歳の息子おるけど、どう考えても見せられんぞ。

主人公の過去が壮絶すぎ

まず第一話で主人公家族が惨殺される。
亡き骸も普通に描写。

そして唯一生き残った妹は鬼化するという。
この設定でなぜ小学生を映画に連れてくる?

令和の育て方なんか?

主人公が何度も自死する

映画のワンシーン。
敵からかけられた夢を解くには、夢の中で死ぬ必要がある設定。

主人公は何度も夢世界に入る術をかけられ、
何度も首を自ら切って、現実に戻る。
ちゃんと刀を首に当てて切ってらっしゃるのよ。

普通にニュースで「鬼滅の刃が人気」とか言ってるけど、
子供見て影響ないんかこれ?

感想まとめ


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

主要キャラが死ぬのがイヤとか、子供に見せられんとか書いたけど、
やっぱり戦闘シーンは素晴らしすぎた。

歴史に残る映画やと思う。
なんやかんやで存分に魅せられたぜ、、、

あとは主要キャラが死なんかったら、、、、
原作に忠実やから今後も死ぬわな。

つらい。

しかし超良作なのは間違いない。
まもなく興行収入400億突破って、、、

もうだれも抜けへんなー。
もっかい見よかな!

それじゃあまたー。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コロスケ

福岡に単身赴任中の2児パパ。35歳。子育て・ガジェット・筋トレ・美容・ダイエット・健康食・節約・書評等、家族と自分磨きが大好きなブロガーです。座右の銘は「人生さざ波」どんな状況でもゆるりとした心で過ごせるようメンタル面の修行も取り組んでます。人生が前向きに楽しくなる記事を書いていきます!

-雑記

© 2021 コロスケの人生さざなみブログ